レポート

第3期生の修了式を行いました

平成25年3月15日、みしまプラザホテルにて第3期生の修了式を行いました。
当日は、多くのご来賓や企業関係者が出席し、2年間の養成プログラムを終えた7名の受講生が修了の日を迎えました。

※写真をクリックすると大きい画像が閲覧できます。

主催者挨拶
沼津高専学校長 柳下福蔵

晴れの修了式を迎えられました3期生におかれましては、日常業務の多忙な中、開講された講義、実験、実習に熱意をもって積極的に出席され、見事に目標を達成されました。皆様方の2年間の努力と不屈の精神に改めて敬意を表しますとともに、人的ネットワークを活用いただくことを願っております。本日はおめでとうございます。
来賓挨拶
(独)科学技術振興機構 主任調査員 堀口幸一

本日は誠におめでとうございます。
事業が順調に進みつつあることに感謝いたします。
今回修了された皆様が、習得された技術をもとに、医用機器開発を通じて静岡県東部地区の地域活性化に大きく貢献されることを願っております。
また、今回の特区指定を機に、ますます本事業が発展することを祈っております。
来賓挨拶
静岡県経済産業部 課長補佐 加茂 勇人様

本日の修了式、心からお祝い申し上げます。
今回の規制緩和はF-metの取り組む内容が、国に認められた成果であり、地域経済が発展していくことを支援していきます。皆様の益々の発展とご活躍をお祈りいたします。
修了証書、成績優勝賞、出席皆勤賞の授与

受講者代表挨拶
株式会社富士セラミックス 福島利博

本日は、関係する来賓の方をはじめ、支援していただいた皆さま方にご臨席賜りまして誠に感謝しております。
この2年間で成果を出せたもの、出せなかったものありましたが、10年、20年かけて地域に対して我々ができることで少しでもお役にたてるよう頑張っていきたいと思っています。
講師講評
沼津高専教授 藤尾三紀夫

みなさん熱心に研究に取り組まれていました。
また、チームワークを発揮し、ポジティブに活動されていました。是非、この精神は4期生以降にも受け継いでもらいたいと思います。
講師講評
東海大学教授 望月明

真面目に取り組んでいただきました。2年間お疲れ様でした。
開発事例発表①
チューブ用鉗子(3期生)

について発表しました。
開発事例発表②
ベッド上動作検知器(3期生)

について発表しました。
開発事例発表③
株式会社フジネット 河合隆徳

について発表しました。
特別講演
株式会社スカイネット代表取締役 井上 政昭 氏

「医療機器の現状と将来」についてご講演いただきました。

交流会

修了式後、交流会を開催しました。当日は多くの方に、ご参加いただきました。
3期生集合写真と交流会の様子

ページトップへページトップへ