レポート

ホーム › レポート › 第6回静岡県東部テクノフォーラムin沼津高専に出展しました

F-metが「医療機器総括製造販売責任者及び責任技術者に対する認定講習」に全国で初めて認定されました。

昨年3月静岡県東部が「ふじのくに先端医療総合特区」に認定されたことに伴い、静岡県が提案した「医療機器製造販売責任者及び責任技術者の規制緩和」が認められ、昨年8月の薬事法改正において、認定要件の緩和が実現しました。これにより、今まで資格要件として認められていなかった工業高校卒及び普通高校卒は、3年間以上の従事経験によって資格要件が認められることとなり、さらに、3年間の従事経験に代わり、厚生労働大臣が認めた20時間以上の認定講習を受講・修了することで、資格要件が認められることとなりました。
これに伴い、全国に先駆けF-metは5期生の上記認定講習の申請を行い、平成25年9月18日に全国で初となる認定講習に認定されました。
これにより、F-metの修了によって、工業高校卒の受講生は、高度管理医療機器・管理医療機器の総括製造販売責任者の認定資格を、普通高校で規定の科目を修了した者は、一般医療機器に関する同資格要件を得ることとなりました。3年間の従事経験なくして同資格を得られることは、F-met参加企業にとって、医療機器産業参入にむけて、大きな前進となりました。
今後、過去の修了生についても順次申請を行っていく予定です。

 

 

ページトップへページトップへ